<雑誌 「 THE SAX 」 VOL47. 2011 年 7 月号>から抜粋

MUSIC UNDER NEW YORK  ニューヨークの地下に息づく音楽

Interview with YAZ - あきらめないで続けること -

ニューヨークの地下鉄駅構内では、様々なジャンルのミュージシャンが昼夜問わずパフォーマンスを繰り広げている。このようなパフォーマンスができるのは、 MTA ( Metropolitan Transportation Authority )の下部組織 “ ART FOR TRANSIT ” の一部である、“ MUSIC UNDER NEW YORK ”が年に 1 度オーディションを行ない、パフォーマーに許可を与えているためだ。

MTA の環境は、日本の地下鉄とは比べられないほど、衛生的にも治安も良いとは言えない。しかし、この地下鉄でのパフォーマンスから数々の偉大なアーティストが輩出されたことは周知の事実だ。ニューヨークでは不思議なことに、どこかで音が鳴り始めると、その場所やパフォーマーの身なりに関係なく、内容さえよければすぐに聴衆が集まり、即席のコンサート会場がその場にできてしまう。そんな大都市ニューヨークの地下で、“ MUSIC UNDER NEW YORK ” の名のもと演奏する一人の日本人サックスプレイヤーがいる。その男の名は「 YAZ 」、本名を高木靖之という。1992 年 4 月、彼が渡米して以来、この街に根ざした活動を続け、数多くのミュージシャンと共演。 2002 年に MUSIC UNDER NEW YORK のオーディションに合格し、その後同組織において日本人として初めての審査員となった。現在彼は、アメリカ永住権を手に入れ、自らのリーダーバンド「 YAZBAND 」を中心に、ニューヨークの街で演奏をつづけている。アメリカでミュージシャンとして生き抜くことは並大抵ではないだろう。しかし、そのすべてのきっかけは「ニューヨークにいけば何か得られるんじゃないか?」という漠然とした“想い” から始まったという……。

NEW YORK シリーズの記念すべき第一回は、数少ない MUSIC UNDER NEW YORK 公式プレイヤー、 YAZ 氏にスポットをあててみよう。

 

─サックスを始めたのはいつごろですか?

YAZ  僕はサックスを始めたのが遅くて、大学の吹奏学部からなんです。当時デヴィット・サンボーンが好きで、アルトサックスをやりたかったんですが、「背が高いから」という理由でテナーを吹くことになってしまって……(笑)。

─大学を卒業してすぐにニューヨークへ?

YAZ  いえ、音楽をやりたい気持ちはあったんですけど、ニューヨークに行くほどの情熱はなくて。地元に戻って就職して、プライベートレッスンに通っていました。 NY に行ったのはもっと後なので、ほんとに遅いスタートですよ(笑)。

─ ニューヨーク行きを決めたのはなぜでしょうか。

YAZ  一度 NY へ旅行に行ってみたんです。とりあえず本場でジャズを聴いてみたいと思って。その時驚いたのは、ピザ屋みたいな小さい店で、ボブ・ミンツァー( Ts )がデュオライブやってたんですよ! すごいミュージシャンが身近なところで演奏してる。それを見て火がついちゃって、いつか住んでみたいと思ったんです。それが今ではニューヨークに住んで、もう 19 年になります。

─渡米する前にいろいろ準備されていたんですか?

YAZ  語学も何も準備してませんでした(笑)。当時は観光でも 6 ヶ月は滞在できたので、とにかく行ってみようと。でも来てみると、名前も知らないような人がものすごくうまくて、打ちのめされた。「俺なんか何にもならへんな……」って落ち込んでいたんですが、ある時公園で練習していると、ロブ・シェップスというサックスプレイヤーがたまたま通りかかって、「そうじゃない、貸してみろ」といきなり吹き始めたんです。それがきっかけで、ロブのプライベートレッスンを受けることになったんですよ。それからは、日中はバイトで皿洗いをしながらレッスンをつづけ、夜中はアパートの地下室で一晩中練習してました。ロブは合理的に説明してくれて、効率的な練習方法も教えてくれました。いろいろと知らないことを教わり、目からウロコでした。

─日本からみると、海外のジャズ奏者は全部感覚でやっているようなイメージがあるのですが……。

YAZ  そんなことはないですね。むしろ常に効率化を図ろうとします。譜面を効率的に読む方法だったら、まずリズムを見て、音程を見て、吹きながら次の小節を見るんだよとか、合理的な方法をたくさん教えてもらいました。

─セッションには参加していましたか?

YAZ  ニューヨークに来た当初は、クレオパトラズ・ニードルやレノックス・ラウンジ、ユニオンなんかのセッションによく行ってました。いろんなことがありましたよ。モタモタしてると後ろに並んでいた人がいきなり吹き出したりして……なんだコイツ腹立つな、みたいなね(笑)。

─ YAZ さんにとって、プロフェッショナルとはなんですか?

YAZ  これは日本とだいぶ意味合いが違うでしょうね。日本でプロと言えば演奏だけで食べている人だと思いますが、こっちでは音楽以外の仕事をやっていても、演奏でお金をもらっていたらプロフェッショナルなんですよね。昼間は普通にフルタイムで働き、夜はギグに出てすばらしい演奏をするような人がいっぱいいるんですよ。

─今、 YAZ さんがプレイする音楽を敢えてジャンルで括るとすれば、何に当てはまると思いますか?

YAZ  そうですね……、ニューヨークだと僕のやってる音楽は JAZZ なんですよね。でもニューヨークの日本人には 「君たち JAZZ じゃないからね」って言われたり。自分の音楽を一 言で説明する時は JAZZ と言うけど、細かく説明するならば「ミクスチャー・オブ・ブルース、ファンク、 R & B and ジャズ」と言ってます。

─地下鉄駅構内で演奏するとき、ジャズ・クラブとは聴衆や環境的にもまったく違うと思いますが、実際はいかがでしょうか。

YAZ  トラブルは非常に多いですね。いい意味でも悪い意味でも様々な人が絡んできます。公式な MUSIC UNDER NEW YORK のミュージシャンは 2 週間ごとにスケジュールが送られてきて、演奏場所や時間が決まっているのですが、無許可の演奏者も結構いて、彼らが場所を譲ってくれないとかはよくありますね。でも、何回か顔を合わせるうちに仲良くなったりすることもよくあります。つい最近も、目の前で踊っていたホームレスがいつの間にか倒れていて、救急隊が来て運ばれたり、グランドセントラルという大きい駅で演奏してた時はいきなり館内放送で避難の指示が流れたり。こんなエピソードはたくさんありすぎて、話しだすときりがないです。

─ チャンスが転がり込んでくることは?

YAZ  それもあります。この前なんか、たまたま見ていた人が僕らを気に入ってくれて、 そのまま韓国ツアーにつながりました!

─ニューヨークならではのお話ですね。さて、今日本では東日本大震災が起こり、世界中からサポートしてもらっています。ニューヨークでもチャリティなどの動きはありますか?

YAZ  ニューヨーカーは相手が日本人だとわかると必ずと言っていいほど「家族は大丈夫か?」と心配してくれます。ニューヨークでもこの大震災は非常に気になることであり、日本のために何かしたいと考えてくれている方は数限りなくいらっしゃるみたいです。チャリティ・コンサートもたくさん開催されていますし、ニューヨークにいる日本人の方々が力を合わせ、日本のためにいろいろ頑張られています。 僕の場合、自分にできることは何かを考えた結果、ウェブサイトに American RedCross と日本赤十字のリンクを貼りました。地下鉄で演奏するときにチラシを配っているのですが、そこにも同様に内容を記載しました。地下鉄ではたくさんの方が僕たちの演奏を見てくれます。そういった人たちに、日本で何が起こったのか、どこに寄付をできるか、情報を提供する。寄付するかどうかは個人の判断ですので、押し付けがましくないよう留意してます。

─日本でプレイヤーを目指している読者に応援メッセージをいただけますか?

YAZ  あきらめないで、頑張ることです。僕はしつこくしつこくあきらめないでやったので 今ニューヨークで演奏できるようになりました。とにかくあきらめないで、つづけることです。がんばりましょう!

─ありがとうございましした。これからのご活躍にも期待しています。

 

 
© 2012, Yaz Takag Music. All rights reserved.